354日目 母は見逃さない。

 流行り病に罹患してしまいました。母は朝、君が起きた時から君の手首にできた一つの発疹が気になっていたようで、10時過ぎに図書館に本を借りに行った時、父には分からなかったのだけれど母は君の脚に小さな発疹が複数できていることに気づいたのです。
b0281972_1934112.jpg

b0281972_19342445.jpg

 土曜日だということもあり、病院は午前中だけなので急いで予約を入れて連れて行く。
 診断の結果、手足口病でした。母も父もどうして泣いているのか分からなかったのは、口の中に水泡ができて、痛くて泣いていたようです。「しばらくは痛いと思うので、噛まずに食べられるものを食べさせてあげてください」ということ。母が気づかなければ、泣いている君をただ不安な気持ちで見つめていなければならなかったのだけれど、母のお陰で落ち着いて対処できます。ただ、他の子と接したりしていないのに、なぜ感染したのか見当がつきません。

 今日も母にありがとう。
[PR]