1歳1ヶ月と1日 ダメな父part3。

 ちょっとサイドが伸びてきた。
b0281972_19594565.jpg

 おやつの時間に、厭な顔をしながらもじっとしていてくれる。母が「右、切りすぎ~」というから、それにあわせて左を切る。ん?なんかマズイことになっているのか?
b0281972_207298.jpg

 なんだ、大丈夫じゃないか。

b0281972_20102062.jpg

 また父は馬鹿なことをしてしまった。前にも外れたのに、君が触りたがるからと、ついかわいそうになって渡してしまう。ラジオを渡して雨戸を閉めて振り返ると、ラジオのチューニングのつまみが無い。「飲み込んだっ!」と思って口をあけようとするが開けないので、うつ伏せにして背中をたたくが出てこない。母が何事かと飛んできて君の口を開けると、つまみが出てくる。父は飲み込んだものと思ったので体の力が抜けた。当然母に怒られる。
 君がここまで無事に育ってきたのは母のお陰だとあらためて思う。母が日々、神経をすり減らしながら君に接しているのに比べて、父は脳天気なのだと思う。

 今日も幸せな一日をありがとね。おやすみ。
[PR]